物申します 批判的に比較しながら語るページ

なぜならヒーリング、自然療法、超常現象などは知らないと思う。批判対象は、常識、医学、代替療法、客の態度

世間であまり言っていないこと

知っている人が少ないこと

でもとても大事なこと

・まずどんなのであれ、治療哲学なき治療はだめ。医学には哲学がなさ過ぎる。病気はゆっくり生まれる。なぜ?理由がある。それを変えずに結果だけ削除するからおかしくなる。そして全く体の扱い方を学べない。そんなではその態度を見た子は同じになる。そして人間はいつまでも体のこと、生きる大切さを理解しない。

・部分だけ治す。その弊害。部分を直したら他の所にしわ寄せがいく。体は全体でできている。そのことを考えずに治療する人の治療を受けることは実は体を壊すこと。そう言う例がある。それを治すのは本当に大変。

・外圧によって治す。反動がある。駄目な訳ではない。しかし内側から治る力もあることを知って欲しい。内側からの力を使えばもっと楽に生きられる。そもそも人に治してもらう必要も減る。どうやったらいいのか?色々教えます。

・自分でできることが沢山ある。瞑想、呼吸など。逆にそれをやらないなら何に頼っても無駄。運動しても食事に気を付けても効果半減どころか無効化なんてこともある。

・そもそも賢くなる必要がある。人々は何も知らない。しょうがないけど。体に悪いものばかり。だんだん情報は増えているけれど全然ピントがあっていない。例えばヘアピンをつけて肩を揉んでもらうこと、この無意味さ、分かりますか?ほとんどの人は分からないでしょう。帯電と肩こりの関係。オーガニック、電子レンジ。これなら分かりますか?こんなふうに、それじゃ意味ないよ、と言うことが全然多い。うちももっと発信しないといけない。

・環境が良いなら何も気にしなくて良い、でも実際にはそうではない。すると放射能とか化学物質とか思うでしょうが、そればかりじゃない、テレビもインターネットもです。ははあ、電磁波か。そうじゃないです。情報です。思考過剰にするもの、感情を掻き立てるもの、そう言うものが多くて、人はバランスがおかしくなっている。物質的だけじゃなくて精神的環境も悪いんです。窮屈な思考回路が人の心を狭くしている。その心は、体に影響している。

・だから自己メンテナンスをすべき。しなくて良い人もいます。そう言う人は本当に幸せそうだし健康だから良いです。でもそう言う人は稀です。そして自分はそうじゃないと思うなら、した方が良い。じゃないと病気するし、不幸になる。

・常識はちょっとおかしい。こういうことに無知なまま「体は結局消耗品」「幸せは人それぞれ」なんて言って、自分のミスをないことにしているだけ。もちろん、いいんですよ、好きにすれば。でも健康も幸せも本当の意味がわかった人なら、それは単なる学習不足ゆえの発想だと分かるでしょう。

・本当の健康、幸せってなに。健康っていうのは病気をしないことではない。しないに越したことはない。でも病気をするのは本来のプロブラムの一部。全然おかしくない。病気としてゴミを分類することによって生きる。病気を敵視し、病気と戦い、克服する、そういう発想は間違い。そして病気は治る。老衰は別ですよ。病気は出し切れば治るんです。なぜなら出し切って健康に戻すのが病気の目的だからです。それを薬は押し込めたりない事にしているだけ。どんどんたまる。それでいつかもっと大きな病気になる。ほとんどの人はそうやって最後にしっぺ返しを食らっているだけ。でも「体は消耗品」っていうんですよね。使い方を間違えているだけなのに。そもそもどうしてゴミを出さないといけないんだろう。それは体に有害物質を貯めたからです。自分で自分を守ろうとしなかったからです。でも少しも入れちゃいけないわけじゃない。体はそういう事に対処できる。だから時々風邪を引いたりしてゴミ出しする。健康って病気しない事じゃないんですよ。健康健康と思い違えて癌ですと医者に言われた。それはずっと不健康だったわけでしょう。ただ鈍感だっただけ。ほっそりガリガリの人がいるとします。その人のこと、みんな不健康だと思うでしょう。でもその人は何を食べると胃が重くなるとか電気がたまると頭が冷えるとか体で知っている。時々風邪を引けば薬を飲まずに熱を出して1日眠ればすぐに治る。結果いつも体をいたわることができてほっそり、でも芯は図太く生きている人を、健康っていうんです。

・そして幸せいろいろ。心と体の繋がりを知っている人はそういうものは認めません。なぜなら体に有害な思考や感情というものがはっきりあるんです。ある生き方を幸せだと思い違えて、その考え方、感じ方をし続けたら最後には病気になって苦しんだ。これでも幸せの形はいろいろあって良いと言えますか。最後に自滅するような心のあり方を。心の害は体の害になる。外からの影響よりもっと大切。その具体的トレーニング。幸せも決して人それぞれじゃないんですよ。体が健康を保てる心の在り方、それによって織りなされる生活、それを幸せと言います。ただ理屈じゃないですよ。健康な人は同意できると思います。

・とにかくそういう訳で自己管理が大切。

ヒーリングについて

・科学が全てではない。手かざし、遠隔。拒否感があるかもしれないが、それは科学中心に考えているから。でも科学は全てを説明する訳ではない。科学だけを信じて転ぶことだってある。

・だからと言ってヒーリング全体が良いとは言えない。変なのおかしいの、色々いる。でもひとまとめにしないように。盲信しないように。時々お客はそう言う所に行って駄目になっている。

・人間の心と体にはヒーリングによってだけ目覚める何かがあることは事実。そこを使っていないからこのレベルということもある。だから出来ればみんなに受けて欲しい。

・そして重要な事に実はみんなヒーリングができる。しないのが勿体無い。あなたは水も食べ物も良くできる。そういうマッサージ、そういう言葉かけができるようになる。そうしたらもっと良い世の中になる。

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now