カルマ2 自分の意志で減らす

カルマは自分の意志によって増減させるものです。

決して永続的に運命に縛られている訳ではありません。


「積み」を増やすか減らすか、という選択の機会は常にあります。

しかし多くの人にとって、たった今、その行為によって自分が「積み」をしている、という自覚はないようです。

そのような時、人は

「でもこう考えるのは仕方がない」

「でもそれを出来るわけがない」

と決め付け、過去の延長線上の思考回路や情動反応に自らを閉じ込めます。

カルマを減らしたいのであれば、このようパターンを常に矯正していく必要があります。


そのためには「仕方ない」「無理」という説明を横に置いて、

「今これをしたらまた同じものが来る」

「いつものパターンをまた繰り返している」

「いつかは決めなければいけないことをまた保留にしているだけだ」

という冷静な現実認識をし、然るべき新たな行動を選択する必要があります。


カルマが重くなればなるほど、繰り返す負のパターンは多くなり、またそこから抜け出すのも容易ではなくなります。

そして負の連鎖の体験が、更にカルマを増大させるのです。


解消は「いつか」「誰か」によってもたらされることはありません。

自分をパターンを見直す機会は一日に何度も発生しています。


次の満月と新月は・・・

8月15日(木)水瓶座 満月

8月30日(火)乙女座 新月

115回の閲覧

最新記事

すべて表示

【保存版】カウンセリングのご案内

この記事では「カウンセリングの効用」「ヒーリングとの使い分け」について説明してみたいと思います。 ヒーリングの時、僕はいわば清掃業者となって、その人の〈気〉のもやもやのようなものを掃除します。 その結果、体の状態は良くなりますし、心が晴れるということもあります。 その効用たるや、なかなか他所に類がなく大したものだと、お客様の声から日々感じております。 しかし快刀乱麻を断つようにスパッと一回で治るも

カウンセリングの勧め・・・又は勧めない

昨日はカウンセリングについて書く予告をしていたのですが、そわそわまどか君から手を離せず、叶いませんでした。 時々そんな日がありますが、昨日はなぜか最高潮でした。 そんな時でも顔色一つ変えずむしろますます寛容になる菜嘉は聖母かと思います。 僕は割と普通に参ってきます。 まあ、役割分担かなということで。 本格的におせちを作り始めて何年になるか分からないですが、毎年反省があり、それを翌年に活かす・・・と

災害時の備えと霊的助け

近年は災害が非常に多いです。 好きな言葉ではないですが、異常気象、と感じることも度々あります。 このようなご質問を頂きました。 「いつか機会がありましたら、河邊さんの災害時に対する備え?など差し支えないようでしたらお話し頂けたら幸いです。」 何もしてないんです・・・ 別に「自分は守られているから大丈夫」とか思っている訳ではないのですが。 どんな備えをしても、それを上回る被害に見舞われた時には何の備

LINE ID: atelierkoshiki

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now