子供の傷5 人生の見本

あらゆる問題は心から生じるのですから、心を観察し、問題を発見し、こじれを解決していくしかありません。

本来は順当であったはずのものがおかしくなった、という理解が我々には必要です。

僕がヒーリングやアドバイスなどでお伝えしているのは、その順当な心の在り方なのです。


心とは何なのか?


それを知る人は少ないです。


心とは感情のことではありません。

感情は心の活動内容のほんの小さな一部に過ぎません。


心とは、現象を作り出す素体のことです。

つまり心がまさにそうあるように、現象は無限に生産されるのです。


心が悲観的なら苦しみが無限に生産されます。

結果、心はこう確認します。「やはり人生はこういうものだ」と。

たまに良いことが起きてもそれは偶然か一過性です。

だからすぐにまた不遇や鬱が追いかけてきて、こう確認するわけです。

「ほら、でもやはり人生はこういうものだ」と。


悲観的以外にも心には色々な在り方があります。

「努力しないといけない」

「人から認めらないといけない」

「好き嫌いを持ってはいけない」

「いつも良い人でいないといけない」


何度も何度も、それを確認する体験を繰り返します。

そしてそれを乗り越えるのはほとんど不可能に近く困難です。


こうした全ての思い込み、信念、価値基準、人生に対する原風景を、心はいつ、初めて抱くのか?


それは胎内期、幼少期です。

この時期に見聞きすること、体験することの全ては人生に対して決定的な影響を持っています。


「今、自分は行いと言葉によってどのような人生の見本を子供に見せているのか?」


全ての親はこのことに慎重になるべきだったのです。


・・・・・・・・・・

8月31日(土)9月1日(日)は

12周年特価1200円でヒーリングが受けられます。

是非アトリエにお越しください。


次の満月と新月ヒーリングは

8月15日(木)水瓶座 満月

8月30日(火)乙女座 新月

各5,000円です。

31回の閲覧

LINE ID: atelierkoshiki

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now