子供の傷7 アムロと母

『子供の傷』の連載はなかなか好評のようです。

反応があると、ちょっと嬉しいですね。


僕にとって「子供の心の成長にまつわる問題」はずっと主要テーマでしたが語ってきませんでした。

それは「この問題に気付くことが、子と親の対立を助長しはしないか」と不安だったからです。

要らない心配かもしれませんが。


世の中のほとんどの人はこの辺りの問題に全く気付いていません。

問題に気付かないまま、都合の良い「家族=団欒」という図式の夢を見ているだけです。


(・・・皆と同じように結婚し、皆と同じように出産し、皆と同じように一生懸命家族のために働いている・・・)


その形は結構ですが、そもそもその選択は「皆と同じが良い」が動機。


始まりがそういうふうだと、どこまでも「皆がそうしている」という曖昧な根拠、つまり「一般論」によって、深刻な問題を隠匿しようとするものです。


ガンダムを知っていますか?

最初のガンダム、その映画版の1本目です。

アムロという少年はある時、戦場を一時離れて故郷に立ち寄りますが、そこで敵兵に遭遇します。

殺される危険を感じたので彼は銃で敵兵を殺しました。

母親はショックの余り「人様に銃を向けるなんて」と言う。

アムロも愕然として言います。「僕が殺されるかもしれなかったんだよ」

そして「母さんは僕のことを愛していないの?」





あなたなら何と言いますか?



ちょっと考えてみてください。









アムロの母はこう言いました。


「子を愛さない親がいるかい」


今、この息子は「お母さんは僕を愛していないの?」と、心を振り絞ってその質問をしました。

自分という存在の、この宇宙における待遇を知りたいために。

つまり「僕は」愛されているのかいないのかと。


しかし母親はその問いの深刻さに気付くことが出来ず、いやむしろ咄嗟に気付いたからこそなのでしょう、「親は子を愛するものだ」という一般論にすり替え、自分の心を観察し、そこから言葉を汲み出す努力を、ほとんど一瞬の内に放棄しました。


この時のアムロを見れば、「こうして子供の心は致命的に傷つく」ということを、まあ多分・・・心ある人なら、誰でも分かると思うんですよね。


この苦しみの体験は、3歳でも15歳でも30歳でも、45歳でも変わりません。

なぜなら我々の心は年輪のように育っていき、大人になったからと言って、「子供の部分」が消える訳ではないからです。


どうかみなさん、慎重であって下さい。


・・・・・・・・・・

8月31日(土)9月1日(日)は

12周年特価1200円でヒーリングが受けられます。

是非アトリエにお越しください。


次の満月と新月ヒーリングは

8月30日(火)乙女座 新月

9月14日(土)魚座 満月

各5,000円です。

0回の閲覧

LINE ID: atelierkoshiki

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now