獅子座新月のメッセージ

獅子座新月のメッセージです。


・・・・・・・・


使命というものが誰にでもあります。

しかしそれは黙っていても勝手に花開くものではなく、自分の望む心が必要です。

とは言え、がむしゃらに何かに向かって努力しなければならないという訳でもありません。

たった一つ、使命の実現を妨げている自分の心を手放せば良いのです。


多くの人は使命と共に生きていません。

むしろ使命から逃げ続けています。

それは使命の意味を正しく理解していないからです。


誰もが何かの役に立つことができます。

しかもそれは自分を台無しにするような方法ではなく、自分を喜ばせ充実させる方法によってです。

そしてそれはあなたの長所を活かしたものであるはずです。


なぜ多くの人が使命と共に生きていないのか?

それは自分の長所を長所と認めないところから始まります。

使命と共に生きない人は必ず、自分の与えられた特性に対して「こんなのは大したことがない」と言います。

そしてその特性を常に後ろに引っ込め、それを使って人を喜ばせたり楽しませたりすることをしていません。

その結果、「自分には何も出来ない」「自分は言いなりになるしかない」と思い込んでいるのですが、それは誤りです。


自分自身が能動的に長所を活用しないから、短所という残り物を活用せざるを得なくなっているだけです。

そのような思考によって、人生観を暗いものにしてしまうのはやめましょう。


長所と言うと、多くの人は何らかの固定観念を持っていますがそのほとんどは誤りです。

長所は基本的に主観的なものです。

ある人はとても楽観的です。

しかしそれを長所とは思っていません。

そして「私には何の長所もない」と言います。

しかし楽観的な人が決して多くはない世の中で、苦もなく楽観的でいられるということは、他の人から見れば長所なのです。

長所と言う時にすぐに技能や才能と限定するのではなく、自分の心の善なる特性に目を向けることが大切です。


勿論、技能や才能は、明確な長所です。

しかしここにも落とし穴があります。

人より出来ることがあるのに「これは出来る内に入らない」と言って卑下する人は多いです。

しかしその場合、ほとんど常に「出来る」という基準が曖昧です。

基準が曖昧なので、永遠にその人は自分の技能や才能を認めないことでしょう。


自分を卑下することには何の得もありません。

一方、自分が僅かでも持ち合わせているものを喜ぶことは大きな得をもたらします。

なぜならそれによりあなたは人と繋がり、自分の貢献を喜びながら生きることが出来るようになるからです。


使命と共に生きるということは「使命を果たさねばならない」という義務を意味しません。

使命と共に生きることは、喜びそのものであるということなのです。


次の満月と新月は

8月15日(木)水瓶座 満月

8月30日(火)乙女座 新月

85回の閲覧

LINE ID: atelierkoshiki

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now