自然療法4 内なる自然と共生する

自然療法の根幹は「自然と共にある」ことにあります。


自然とはこの場合、内なる自然のことです。


波の満ち干をあなたがコントロール出来ないように、あなたの心臓の鼓動もまたあなたはコントロール出来ないことでしょう。

それはいつからか始まり、終わるまで続く、自然界の営みと同じ歯車を共有しているのです。


自己を構成するあらゆるものが実は自分が作り出したものではなく、「気付いた時にはそこにあった」ものであることに、いや「そもそもその営みによって自分が生存している」ことに、我々はもっと注意深くなるべきです。


そうすると、体との正しい関わり方が自ずと見えてくることでしょう。


雨が嫌だからと言って人工的に雲を晴らして良いのか?


風邪が嫌だからと言って人工的に薬で症状を抑えて良いのか?


この二つは全く同じ理屈であり、ゆえに答えも同じです。


雨を止めれば「自分が濡れない」という目先の利はありますが、遠くで畑が困ります。

風邪を止めれば「今楽になる」という目先の利がありますが、遠くで何かの異変がおきます。


長期的な愚行を避け、内なる自然環境と共存するということが自然療法の真髄です。


だからたとえ形は自然療法でも、「症状を根絶しよう」という発想が根底にあるものは、自然療法とは言わないのです。


次の満月と新月は

8月15日(木)水瓶座 満月

8月30日(火)乙女座 新月

35回の閲覧

最新記事

すべて表示

今日のレッスンの感想

今日は足マッサージレッスンでした。 またも秘儀が出ましたね。 指一本当てるだけで足の裏の形を変えるおじじは我ながら凄いと思いました(笑) 参加者の方も体感の変化にびっくりされていました。 このような技は誰から教わった訳でもなく・・・ 最初の2年くらいですべて感覚的に身に付けたものです。 足に対するこの技一式で、難病を治したこともあります。 多分前世で人体の勉強を余程してきたのでしょう。 見ると「こ

ヒーリングレッスンのお誘い

僕はヒーリングを27歳の時に始めたのですが、気付けばこれで13年目。 誰にも教わることなく自然と始まったヒーリングも、年月の中で知識を積み上げ、今やかなり体系化されてきました。 僕のヒーリングには師匠も所属団体もないので、本当に文字通りの身一つで、困った時にも誰にも助けを求めることは出来ませんでした。 ネットで調べるなんて発想も、その当時はありませんでしたし。 でも頼れるものは自分だけ、という極ま

新しいこれからのヒーリングを一緒に育てていって下さい

年末は買い出しが多いです。 おせちの材料と、あとは正月飾りなどですね。 しかし情けないことに注連縄や松飾などが外国製が多い。 ようやく今日は国産の注連縄を見つけることが出来たのですが、お値段は台湾製の3倍程度。 でもだからと言って2000円弱。 年に一度切りなのだから、いいでしょう外国に安く作らせなくてもと思うのですけれども。 そもそも日本だけの風習なのにねえ・・・ これでいいのか、日本。 おせち

LINE ID: atelierkoshiki

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now