霊的に生きたいと願うあなたへ。

最終更新: 3月14日

アトリエこしきでは「霊的な生き方」をお教えしています。


霊的な生き方を学ぶと…


慢性的な不調がなくなります。

美しく、健康になります。

心の悩みを捨て去ることが出来ます。

面倒な人間関係から解放されます。

自分を好きになり、自信を持つことが出来るようになります。

自分のやりたいことがそのまま人に奉仕することに繋がります。

優れた人格を得ることが出来ます。

潜在的な資質を開花させることが出来るようになります。

生きていることを楽しむことが出来るようになります。


霊的に生きるようになると、様々な問題を解決したり、様々な望みを叶えたりすることが出来るようになります。

それもあれこれ頭を使わずとも自然とそうなっていきます。

逆に言うと、多くの人は霊的でないからこそ、心身の病気をしたり、たえず何らかの問題に巻き込まれたりしているのです。


では霊的な生き方とはどのようなものを言うのでしょうか?

それは「表層意識よりも潜在意識に軸足を置いて生きること」です。


もっともこの表現は完全に正確とは言えません。

なぜなら霊的な人にとって潜在意識は認識可能であるという意味で、もはや「潜在」していないからです。

だからここでは「魂」と言い換えましょう。


あなたは魂を感じているでしょうか。

それに従って生きているでしょうか。


「魂で生きる」・・・分かるような分からないような、でも何にせよそんな浮世離れしたことは出来るはずがないだろうし、出来ないのだろうからしたくもないと思うかもしれません。

その諦めこそは社会の呪いであり、自分を殺さなければ生きていけないと信じている時点で、幸せになれないことは決定しています。


魂で生きることは確かに容易ではありません。

しかし道中どのような紆余曲折があるにせよ、最終的には魂に従って生きることで人は幸せになることが出来るのです。


方法は非常に単純です。

常に魂を感じ、魂の声に従って生活すること。

そうすれば自ずと道が開けていきます。


しかしこれが実際には言う程簡単ではないことはお分かりいただけるでしょう。


魂を感じるとは一体どういうことなのか。


そんなものは一度も感じたことがないという人がほとんどです。

だからそれを教えられる人もいません。

そんな問答にかまけようものならもっと他に考えることがあるだろうと小突き回されます。

つまり、もっと目先のことを考えろと。


我々はこの社会に生まれて沢山の洗脳をされています。

「こうあるべき」

「それはあり得ない」

「そんなことよりも」

「そんな暇があったら」

という数々の考えです。


それはさながら自然の土を覆い尽したアスファルトのように魂の声を聞こえなくしてしまっています。

そのため、魂で生きることを望む人は、このアスファルトを剥がし落としていく必要があります。


しかしそれはとても難しいことです。

アスファルトは壊せば元には戻りませんが、洗脳された思考は何度も自分で洗脳を再構築してしまうからです。

例えば「親や社会に教え込まれてきたこの考えは間違いだった。本当は自分はこうしたかったんだ」と気付いてもすぐにまた「いや、でもそんなことは叶う訳がない」と思い直し、結局自分を閉じ込めてしまうように。


魂の目覚めは1年や2年で完遂できるものではありません。

10年くらいはかけるつもりがなければいけません。

「10年もかかるのか」と落胆されるかもしれませんが、10年は最速の場合です。

普通は一生かかっても終わりはしないのです。

終わらないどころかアスファルトを更に上塗りして多くの人は一生を終えます。

だから次に生まれてきた来世では話がもっとこじれているのです。

「なぜ私の人生は生まれてきた時からこんなに難しいのだろう」ともし思うのでしたら、これがその答えです。


前世までにこじらせてしまった人生観が、今の自分の人生を方向付けています。

しかし同時にあなたはそのような人生観を改め、ありのままに新たに魂で生きていきたいと望んでいるのでしょう。

であるからこそ、この文章に強く興味をもって読まれているはずです。


単純化して言うと、人は〈エゴの道〉と〈魂の道〉を選択可能です。

その選択は通常、一生を支配します。

この世界を席巻しているのは〈エゴの道〉です。

なぜなら〈エゴの道〉は分かり易く、短期間に、自分に都合の良い結果を出してくれるからです。

しかしエゴの道には必ず行き止まりがあります。

その行き止まりでエゴは病気や孤独や不幸を、帳尻合わせのように作り出します。

あなたはそれを前世で体験済みです。


断っておくと、〈エゴの道〉を悪意で歩む人は滅多にいません。

その人なりに、それが良い結果を生む〈エゴの道〉を歩んだのです。

あなたもいっときはその結果に喜んだかもしれません。

でも「それは違う。ほら見てごらん、あなたが蒔いた種を」と宇宙は分かるまで教えます。


現代社会における原子力発電のようなものだと思って下さい。

国家も電力会社も地球を滅ぼしたくて原子力発電所を稼働しているのではありません。

良かれと思ってやっているのです。

でも原子力発電所の事故が起きれば人は考えを改めざるを得ません。


つまり「エゴ=悪意」「魂=善意」という安直な等式があるのではなく、「善意ではあるけれどエゴの発想」というものが我々の頭の中には膨大にあり、それをどのように自分なりに解釈しようと正当化しようと、結局最後には自然世界や宇宙の法則と調和しているかどうかということを試されるのです。

原子力発電所の事故が二度三度くらいなら、「次はもっと気を付けよう」「もっと安全基準を高めよう」と思うでしょう。

でも百回起こしてしまったら「もうやめよう」と思うでしょう。


丁度そのようにあなたもこれまでの転生で、そして今回の人生でも、まだ諦めが付かずに、何かに敗北したり不満を持つたびに、更にエゴを強めれば、つまりはもっと強く何かを決め付けたり自分の思い通りに相手に束縛したりすれば思い通りの世界が開けるだろうと信じて再挑戦してきたかもしれません。

しかしその結果そろそろ、この行き止まりにそびえる壁は突破できそうもないこと学んだことでしょう。

そしてしぶしぶでもあなたは受け入れつつあると思います。

どうやら引き返し、この逆の方向にある〈魂の道〉を進むしかないのだろうということを。


このような学びを転生の中で重ね、そして再びあなたはこの世に生を受けました。

あなたのような気付きを前世までで済ませた人は周りにはほとんどいませんでした。

だからあなたは幼稚園や家族の中できっと孤立していたことでしょう。


なぜ自分には当たり前に思えることが皆には当たり前ではないのか。

なぜ皆がやることになっているそれをやらなければいけないのか。


その素朴な疑問や自然な発想はすべてあなたが前世までの経験から無自覚に引き出しているものです。

魂のレベルで、あなたはほとんどの人より経験豊富でした。

でも肉体のレベルでは、あなたはほんの子供で経験不足の「はず」でした。

そこで、そんなことを言うとあなたは生意気だと言われたり笑われたり、罰を加えられたりしたかもしれません。

そのせいであなたは、せっかく歩み始めた〈魂の道〉を歩むのはもしかしたらみんなの迷惑になるのかもしれないと思ったり、そうすることでいじめられるかもしれないと思ったりして、立ち止まったり、馬鹿な振りをしたり、またはやはり引き返してみんなと同じように再び〈エゴの道〉を歩もうかと思い直したりしたかもしれません。


でもそれではあなたの魂は納得しなかったのです。

これでまたもや〈エゴの道〉を歩むのでは、これまでの苦労が水の泡です。


こうしてあなたの心は表層意識と潜在意識に分かれるようになり、「皆と同じように生きた方が身の為だ」と考える表層意識に対して、「いやそれはやめよう、分かっているじゃないか」と潜在意識はいつも止めるようになりました。


でもあなたは潜在意識の声をなかなか認めようとしません。

そんなものは聞こえないはずだ、私は超能力者でも何でもない、と言って、何も聞こえないふりをしようとします。

だから潜在意識の方ももっと強く出なければならなくなりました。

それで潜在意識の主張は諸々の叶わない願いとなったり、拷問のような対人関係の苦労となったり、病気となったりしてきたのです。


潜在意識の力は非常に強いので、表層意識の願いのすべてを打ち砕くことができます。

こんなに人に世に染まろうと努力してきたのに、あらゆる成功の法則を実践してきたのに、他の皆が叶えているようにあなたの望みが叶わないのは、潜在意識がもうその手のことには飽き飽きしているからです。

せっかく進んだ物語を巻き戻したくないからです。


もう何回原子力発電所を爆発させてきたのでしょうか。

もういい加減に見切りがついたのです。

「いや、もっと頑張ればまだ行ける」と唱える人たち=表層意識に譲ることは魂にはもう少しも望んではいないのです。


これが現在のあなたの立ち位置と方向性です。

〈エゴの道〉を去り〈魂の道〉を歩むことはあなたの中で既に決定していると思います。

しかしそれは潜在意識の決定であり、表層意識はまだまだ充分に同調できている訳ではないでしょう。

世の中の風潮は〈エゴの道〉一辺倒ですので、孤立状態で前に進んでいくことは非常に難しいと言えます。

しかしもし外部からの助力があるならばあなたは力を得て〈魂の道〉を着実に歩んでいくことが出来るようになるでしょう。


〈魂の道〉を歩むこと、それが霊的に生きることであり、そこにははっきりとした作法があります。

その教えを出来る人は極めて稀ですが、そのような教えにあなたが本やウェブサイトで出会うことはないでしょう

なぜなら文字で伝わることではないからです。

この文章もまた案内に留まるものであって、神髄を伝えている訳ではありません。


それならばどのようにしてその教えは伝わるのか。

それはアトリエこしきの営みの各分野と一致しています。


ヒーリングは、〈エゴの道〉を歩む中で蓄積した疲れや毒を洗い落とします。

カウンセリングは、教え込まれた誤った価値観を取り除きます。

アートは、〈魂の道〉の風景をあなたに垣間見せ、導きます。


あなたに必要と思われるものはどれでしょうか。


あなたが今、目覚めのための大切な時期にあることを自覚されることを祈ります。

そしてこの時期に必要な学びをされるよう願っています。


あなたにこれから訪れるであろう本当の幸せに向かって・・・

アトリエこしきがあなたの〈魂の道〉の良き水先案内人になれれば嬉しいです。

132回の閲覧

最新記事

すべて表示

ブログ移転

すみません、はてなブログへの移転は取り下げます。 広告が多くて気が散ることが分かりました。 お騒がせしました。 そして改めまして広告なしのこちらに移ります。 ↓ https://ojiji1116.blogspot.com/ よろしければブックマークをお願いします。

おじTVの勧め

昨日のおじTVは、いつになく好評でした。 ミネソタでの事件を切り口に、差別問題を巡って深い話を出来たと思います。 ご感想。 「10-15歳の時期にテネシー州にいた私には、異文化とは?国際理解とは?人間理解とは?というのは、呪い?のように常に自分と共にある問いかけでした。河邉さんの端的で適切な言葉での見解は、頭の中にあったバラバラの本が収まるべき棚に入っていく感じでした」 「とてつもなく絡み合った出

新・お話会「生き方」(仮)

おはようございます。 本日10時よりオンライン瞑想会・ヒーリング会があります。 新規で参加をご希望される方はご一報ください。無料です。 さて昨日、このような訴え、お求めを頂きました。 「先日の勉強会後の心の軽さは一体どこへ、という感じです。(*「地獄について」でした) 満月新月ヒーリングが心と体、もしくはそれ以上の層のヒーリングであれば、勉強会は思考のヒーリングという気がします。 勉強会の最後に、

LINE ID: atelierkoshiki

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now