お酒日記

今日から個展です。

アトリエ、良い感じになっておりますので観に来て下さいね。

珈琲がお好きな方には、珈琲をご用意して待っております。


全然関係ない話ですが・・・

Twitterでお酒の記録をしています。

僕は去年中頃から日本酒一筋になり、今ではすっかりビールも飲まなくなりました。

ウイスキーもごく稀になり、焼酎はもっと稀。

他は元々あまり飲まないです。

日本酒は色々買ってみるのですが、「旨い!」と思ってもどんなふうに旨かったか忘れていたり、酷い場合には飲んだ覚えもそもそもなかったりするので(泥酔という意味ではなく度忘れして)、しっかり感じ記憶に留めるために、簡単にでも書き記そうと思うようになりました。


すると分かってきたことがあります。

それは日本酒には


味覚の日本酒

五感の日本酒

第六感の日本酒

第七感以上の日本酒


がある!


ということ。


口に入れるものなので、味覚に訴えるのは当然です。

が、味覚止まりの日本酒は純粋にアルコールという感じで、たとえ旨かろうとそれ以上のものではない。

しかしながら五感に訴える日本酒は、味覚を超えて視覚的な光景が見えたり(見えるような気がしたり)、まだ経験はないですが、音が聴こえるような気がしたり、そういう作用があるように思います。

こういうお酒は、飲むことが単なるアルコール摂取を超えて、鑑賞の体験になるのではないかと思います。

第六感に訴える日本酒は心がどこか遠くへ誘われていく感じで、五感の世界を超えているため、いざ言葉にしようと思うと言葉が見つからない。

これは何だろう、と感じている内に気付けば瞑想的な心地にいつしかなっている。

そんな感じなのです。

第七感以上の日本酒というのもきっとあると思うのですが、まだ出会ってはおりません。

でもきっとそういうのがあるんだろうなあと思います。

僕の求める価格帯でそのレベルのものがあるとは思わないのですが、いつかね。


こういう意味で良いお酒を飲むと、賞味する内にはっと我に返るような一瞬が訪れたりします(*たいてい最初の何口か(笑)あとはもう呆けていますので。)

そんなお酒が見つかると良いなあと思いつつ、色々とラベルを見るのもまた楽しい。

仕事の一日の終わりが、毎日楽しみです。


美味しいお酒があったら教えて下さい。

(*醸造アルコール不使用のもので!です。)


明日は非常に濃密な一日、楽しんでいきましょう。


【受講生募集中】

・手当て手かざしコース全2回

・足、頭部、全身マッサージコース(各1回ずつ)

(いずれも1回10000円、再受講は7000円)


【次回以降の満月新月ヒーリングその他】

2月16日(日)13時 おじじ食堂 14時半 お話会(3000円)

2月24日(月)魚座 新月 5000円

3月10日(火)乙女座 満月 5000円


【十二星座展】

会期:2月15日(土)~2月23日(日)

開場時間:11時~15時(*15時以降はアトリエ平常営業となります。)

ご来訪日時をご一報頂けますと幸いです。

16日(日)には「星座と心」と題して、占星術と自己実現にまつわるお話会、兼、個展開催のささやかなお茶会をします(3000円)

その後(16時ー)、数曲、歌の演奏があります。


【こしきの輪 会員募集中】

毎朝、無償の遠隔ヒーリングを受けられます。

入会費・年会費無料です。詳細はこちら

40回の閲覧

最新記事

すべて表示

ブログ移転

すみません、はてなブログへの移転は取り下げます。 広告が多くて気が散ることが分かりました。 お騒がせしました。 そして改めまして広告なしのこちらに移ります。 ↓ https://ojiji1116.blogspot.com/ よろしければブックマークをお願いします。

おじTVの勧め

昨日のおじTVは、いつになく好評でした。 ミネソタでの事件を切り口に、差別問題を巡って深い話を出来たと思います。 ご感想。 「10-15歳の時期にテネシー州にいた私には、異文化とは?国際理解とは?人間理解とは?というのは、呪い?のように常に自分と共にある問いかけでした。河邉さんの端的で適切な言葉での見解は、頭の中にあったバラバラの本が収まるべき棚に入っていく感じでした」 「とてつもなく絡み合った出

新・お話会「生き方」(仮)

おはようございます。 本日10時よりオンライン瞑想会・ヒーリング会があります。 新規で参加をご希望される方はご一報ください。無料です。 さて昨日、このような訴え、お求めを頂きました。 「先日の勉強会後の心の軽さは一体どこへ、という感じです。(*「地獄について」でした) 満月新月ヒーリングが心と体、もしくはそれ以上の層のヒーリングであれば、勉強会は思考のヒーリングという気がします。 勉強会の最後に、

LINE ID: atelierkoshiki

©2007 - 2019 atelier koshiki

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now