A18FEA2D-3E8F-42B2-A5DC-0A944E1134BE.jpg

ヒーリング

ヒーリングはあなたを優しくし、

あなたと他者との関係を優しくします。

 

優しさの輪が広がれば、

世界は優しさに包まれ、

今よりも良い世界になります。

 

ヒーリングに賭ける私の願いを、

聴いて下さい。

ヒーリングは科学では説明できない不思議な力で体に調和と健康をもたらします。

ヒーリングを受けると、繊細な感覚が蘇ります。

見えるものも聞こえるものも、鮮やかになります。

体は軽くなり、心は若返ったようになります。

この殺伐とした世の中で、感覚はずっと死んでいました。

感覚が死ぬと、人はまず自分の痛みに鈍感になります

「これくらい」と言って我慢をするようになります。

そして、他人の痛みにも鈍感になります。

「これくらい」と言って我慢をさせるようになります。

あらゆる症状は、このような「不当な我慢」が作り出したエネルギーの歪みや傷から生じるもの。

肩が凝る――それは肩に余りにも多くの責任や苦しみを載せているから。

胃が痛い――それは飲み込んで言わないままにしている言葉が沢山あるから。

この原理に、症状の小さいも大きいも関係ありません。

エネルギーの観点で見れば、生理痛も頭痛も便秘も癌も、同じです。

「感覚を殺して生きてきた」

これがほとんど全ての問題の、究極的な原因です。

病気はただ取り除けば良いのではありません。

手術などして形だけ解決しても、エネルギーのレベルで治っていなければ何度でも再発します。

症状の深層であるエネルギーのレベルで調整し、解決する――これがヒーラーの仕事です。

しかし、ただ単に超能力で治してオシマイではありません。

それでは手術と同じです。

「なぜこうなったのか」を教えます。

そして「どうしたら自分を変えられるのか」を教えます。

その意味で、アトリエこしきは自分らしい生き方を学ぶ場所でもあります。

少しずつ、あなたは体と心の深い因果関係に気付くようになります。

例えば悲しみが自分を猫背にさせ、怒りが自分の呼吸を浅くさせたことを、そして今もそれを引きずっていることを知るでしょう。

一方、喜びや安心が呼吸を深くさせることを、そして深い呼吸が、痛みも悩みも取り去ってくれることを知るでしょう。

そしてあなたは、ありありと、人生で初めての鮮明さで自分を感じることができるようになるのです。

これが病気にならない生き方。

病気をしてもすぐに体からのメッセージを聞き取って、学びに変えられる生き方。

自分に優しく、人に優しくなれる生き方。

自分の内なる感覚に目覚めた人だけが、本当に優しくなれるのです。

その優しさで人と人が交流し、尊重し合い、子供たちを育んでいくことができれば、この世界は必ず今よりも良くなります。

あなたの中から優しさが蘇ると、

その優しさが人々に広がって、

世界に優しさが響き合う。

それが私がヒーリングを通してしたいこと。

​それをしたくてヒーリングを始めた、最初の願いです。

①アトリエでヒーリング/カウンセリング:10000円(要予約)

③遠隔ヒーリング:5000円

初回電話相談無料(20分)