愛のオートマタ.jpg

FAQ

よく頂くご質問にお答えします。

​この症状は治りますか?

多くの症状は治ります。先にいくつか例を挙げると、〈左右半身麻痺〉〈発声のトラブル〉〈甲状腺機能低下症〉〈膠原病〉〈副鼻腔炎〉〈坐骨神経痛〉などが当院のヒーリングで治っています。しかもこれらは病院やその他の治療法でそれまでは治らなかった症状、改善は期待できないと言われた症状(*お客様談)でした。他に、名前の付かないような症状や持病も多くは治っています。一方で、何度ヒーリングを受けても治らないものもあります。

これらの事実から「何でも治る」とは言えませんが、少なくとも「他所で無理だったものが治る可能性は大いにある。しかもその可能性はとても高い」とお伝えしています。たった1回のヒーリングですっかり治ってしまう重い症状もあれば、10回、20回と続けてようやく改善に向かい出す軽い症状もあります。体が治る・癒える過程は、本来、人知を超えた事柄ですから、その大いなる営みに飛び込んでいくつもりで、ヒーリングを試して頂ければと思います。

薬を服用していますがヒーリングを受けられますか?

受けられます。服薬をしていない方がヒーリングの効果も、治癒の過程も促進されるのは事実ですし、最終的には服薬が終了することが健康回復の指標と言えます。しかし薬をやめるのは「いつかの目標」として、急がせるようなことは致しませんのでご安心下さい。

​どれくらいの頻度でヒーリングを受ければ良いですか?

最初は出来れば週に1回から2週に1回をお勧めします。これまでに体に蓄積されてきた疲労や害毒を解消していくのに理想的なペースだからです。数回から10回ほどもヒーリングを受けられると、それまでとは違う、体の健康的な状態にも慣れ(例えば就寝時間が早くなる、食べ過ぎが無くなるなど)、ご自分で健康管理をし易くなります。そうしましたら月に1度から2度などにし、更に安定してきたら、ご随意または必要ある時に時々、というふうにご利用頂ければと思います。

第三者への遠隔ヒーリングは可能ですか?

可能です。受けられるご本人が了承されている必要はありません。ご用命の際は、受けられる方の①お名前②お写真③主訴と状況をお伝えください。

満月新月ヒーリングにお勧めのタイミングはありますか?

各満月新月は十二星座を一年かけて一巡します。例えば9月の満月は魚座で、3月の新月も同じく魚座で起きるという具合です。何かきっかけを求められるのであれば、ご自分の星座の時に満月新月ヒーリングを受けられるのは良いかもしれません。しかしあくまでも縁起担ぎのようなものです。満月新月ヒーリングは地球上の生体に等しく影響する満月新月の力を利用しています。ご自分が「今」と思われる時にご利用されるのが最も効果的であるとお勧めします。

自分で何か出来ることはありますか?

あります。以下、列挙します。

1.食習慣を改める。外食を減らし、コンビニ弁当などを食べない。成分表示を確認するように習慣づけ、白砂糖、化学調味料、精製塩、各種添加物の摂取を避ける。

2.睡眠リズムを整える。遅くても0時には眠るようにする。

3.衣服を改める。化学繊維(ポリエステル、ナイロンなど)より天然素材(絹、麻、綿など)を選ぶ。下着、靴下などは締め付けのない緩めのものにする。磁気作用のある医薬品などを使わない。

4.生理用ナプキンは使い捨てのものではなく布ナプキンにする。

5.適度な運動と柔軟体操(共に、特に脚)をする。

6.必要のない服薬やサプリメントをやめる(医師の指示には従って下さい)。

​7.真呼吸の習慣をつける。

ホームに戻る

​(工事中)

(工事中)

(工事中)

(工事中)